◆ LINE登録者限定プレゼント ◆

 

下記のLINEからエントリー配信・相場分析配信をしていきますので

 

必ずLINE登録して下さい

 

LINE登録者限定で”無料”で4特典をプレゼントします!

 

  

フォーメーション編

 

サイクル理論におけるフォーメーションのことをトランスレーションといいます!

 

トランスレーションとはサイクルの形状のことです。

 

サイクルの中心より、右側、左側でどちらで天井を付けるのか!?

 

この部分で、アップトレンドかダウントレンドを判断していきます。

 

 

横軸を半分にして、天井が右側に来る形がライトトランスレーションです!

 

そして、横軸を半分にして天井が左側に来る形がレフトトランスレーションです!

 

つまりアップトレンドの場合は天井の出現が遅いということです!

 

ダウントレンドの場合は天井の出現が早いということです!

 

そして、”ライトトランスレーションは、起点よりも終点が高く位置でボトムを付けることがセオリーです。”

 

”レフトトランスレーションは、起点よりも終点の方が低い位置でボトムを付けることがセオリーです。”

 

このトランスレーションですが、トレードにおいてかなり優位性のあるものになるので

 

しっかり覚えて下さいね♪

 

では実際のチャートで解説したいと思います!

 

4時間足チャート

 

天井は右側なので、ライトトランスレーションで終点は起点よりも高く終わっている状況です!

 

天井の時間帯が分かれば、優位にトレードできるようになります!

 

また天井の時間帯については別記事で解説したいと思いますので

 

続いて、次のサイクル理論 構成編を読んで下さいね♪

 

↓ ↓

 

④サイクル理論 構成編

 

 

◆ LINE登録者限定プレゼント ◆

 

下記のLINEからエントリー配信・相場分析配信をしていきますので

 

必ずLINE登録して下さい

 

LINE登録者限定で”無料”で4特典をプレゼントします!

 

  

おすすめの記事